BANNER ARCHIVEBANNER ARCHIVE

デザイン登録数10,097

バナーって何?
これがバナーです

Banner(バナー)とは?

そもそもは「横断幕」や「垂れ幕」を意味する単語であり、リアルのショップであれば商品やショップ位置をアピールするツールとして利用されています。Webページ上では、画像に直接リンクを貼り付け、サイトやランディングページへと誘導する仕組みを指します。
静止したものだけではなく、アニメーション機能を使用するなど企業ごとにさまざまデザインで制作され、ホームページにはもちろん、web広告などにも多く導入されています。

  • ホームページ
    への誘導
  • ランディング
    ページへの誘導
  • WEB広告
  • サイト内の
    回遊

バナーが果たす役割とは?

例えばデパートの中だけにセールを知らせるチラシを用意しても、デパートへ訪れた人だけしかセールの開始は把握されません。デパートの外にセールをお知らせする垂れ幕や横断幕を提げれば、道行く人たちや普段そのデパートへ訪れない人にも視認してもらい、訪問のきっかけを作ることが可能です。

看板や広告として利用されるバナーは本来の言葉の意味のように「横断幕」や「垂れ幕」として役割を果たし、不特定多数の人へ視覚的にわかりやすくアプローチし、さらにホームページやランディングページへ直接誘導する事が出来ます。

バナー制作のポイント

とにかくバナーは、クリックされる事が一番の目的です。

シンプルにこだわり写真っぽいデザインだと、クリックできると言う事が分かりにくくクリック率は下がってしまいます。赤・黄・金などの色味を使い、ギラギラさせて目立たせたデザインが良いかと言うと、逆に広告っぽさが出てしまい警戒される可能性もあります。また、クリックされてもリンク先との関連性が高くなければその後の成果(販売や問い合わせ)に繋がりにくくなります。

クリックさせるユーザーもできるだけ、自社商材に興味をもってもらえるユーザーに絞る必要があるり、ページに来てほしいユーザーにとってのメリットやベネフィット等、訴求力のある魅力的なキャッチコピーと関連性の高い写真画像を使って制作する事が重要です。

また、バナーはサイズが決まっているので、その中にどんなキャッチコピーを入れるのか。どんな写真画像を入れるのかがバナーデザイン制作のポイントとなります。
バナーデザインはJPEGやPNG、またGIFなどで制作されることが多く、静止画像を組み合わせてアニメーションのバナーを制作することも可能です。

バナーの特徴はテキストよりも画像を活かすことができる点です。テキストだけではユーザーの興味を惹けなかったとしても、画像やアニメーションを使用することで視覚的に伝える事ができ、効果的にユーザーを誘導しやすくなります。
リンク先のページと、写真素材やフォントのテイストを合わせることで、バナーをクリックした後に違和感を感じさせず、成果(販売や問い合わせ)につなげる事が可能です。また、バナーデザインによっては企業イメージの低下につながる可能性もある為、バナーデザインの制作は重要になります。

ホームページに設置するバナーには決まったサイズは特に無く、ホームページ全体のバランスを見てバナーサイズを決める事ができます。しかし、web広告(ディスプレイ広告・アフィリエイト等)の場合はサイズが決められており、そのサイズ内で情報をまとめデザインする必要があります。さらに【フェイスブック】【LINE】【Instagram】等はテキスト割合も20%以内でバナーを制作する必要のあるサイズもあります。

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー

  • 失敗相談例に学ぶ不動産投資セミナー